読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポートフォリオ作成

カレッジ入学まで

カレッジ入学までにやらなければならないこととして、学科が求める英語力をパスすることと、ポートフォリオ選考にパスすることというものがあった。このうち英語力についてはカレッジ附属の語学学校に通い、パスすることができた。残りのポートフォリオについては、12月課題発表、4月提出締切、5月合否発表だったのでバイトをしながらポートフォリオ作成することとした。

 

日本と違い実技試験がなくポートフォリオのみでの合否判断だったので、実技試験を課すところでは一生合格できなかっただろうな・・・と思いつつ。

 

ポートフォリオ作成で求められたものは以下。

  • Resume
  • Statement of Purpose
  • Self Portrait
  • Photographic Collage
  • Interior Perspective Drawing
  • T-shirts design
  • Food Packaging Redesign
  • Personal Work

Resume

履歴書。今までの経歴、学校歴を書いたもの。以前に作成したものがあったので、そのまま使う。

 

Statement of Purpose

なぜこの学科に入りたいのかについて。思っていることを書き、オンライン英会話にて添削してもらう。

 

Self Portrait

自分を表すモチーフを3つ以上選択し、 セルフポートレイトを描く。私は自分に影響を与えた本をバックに好きな国のTシャツを着て、音楽を聴いている自分を描いた。そもそも絵なんて今まで描いたことがなかったのに、自分の上半身くらいある大きさの紙に絵を描かなければならないということで、この課題をやっている時はひたすら辛かった。

 

Photographic Collage

透明なガラスに入った水に色をつけ、それらの写真を撮影。印刷して3インチ×3インチにカットし、全部で20の写真によるコラージュを作成するという課題。こんな写真がたくさんできることに。

f:id:cmura:20161223102057j:plain

 

Interior Perspective Drawing

遠近法を使って、町の有名な建造物をデッサンするという課題。そもそも絵を描いたことがないのでこの課題も辛かった。まずは本を借りてきて、遠近法とはというところから始めた。そしてこれも指定された紙のサイズが大きく、なかなか終わらず精神的に疲弊した。

 

T-shirts design

指定された文言を使い、Tシャツのデザインをするというもの。2色のみの使用という制限あり。

 

Food Packaging Design

既存のフードパッケージを、新しく作り変えるというもの。提出の際には既存のものと自分が作成したもの2つを提出する必要があった。今回の課題の中では最もリラックスして取り組めたものだった。

 

Personal Work

今までに自分が制作した作品を4つ提出とのことだったので、自分が作成したwebサイト2つをまとめたものと、写真と、絵葉書サイズの絵を提出した。

 

ポートフォリオ作成しての感想

準備期間が3か月だっということもあり、バイトしていた時間以外はほぼポートフォリオ作成に費やすこととなった。毎年100人くらいの応募がありそのうち通るのが50名程と聞いていたので、通った時にはホッとした。現時点での到達度よりも入ってからの伸びを重視するとあったので、あのひどい絵で入れてもらえたのか?とも思う。(入学してからわかったことだけどクラスメートは皆絵が上手かった)

 

決められた期間内にある程度の量の課題を仕上げてくるということも求められていたんだなということを入学してから実感した。この課題を終えられないと、とても学校に入ってからついていけないよな・・・と。